旅館業・特区民泊許認可申請の手続きなら相談無料の行政書士事務所Cross Bridge|東京都中央区

旅館業・特区民泊の相談から書類作成・提出代行までサポートいたします。

0000469643.jpg

ホーム ≫ ブログ

架け橋Blog

水曜日の謎。

0000457728.jpg
毎日何かしらのご相談を頂いておりますが
現在水曜日が他の曜日に比べ圧倒的に多いです。

他の曜日の倍以上のご相談を頂きます。
理由は様々あると思いますが今日も頑張っております。
2017年04月05日 18:08 |コメント|

打ち合わせ。

0000457437.jpg
本日は、民泊運営業者様とお会いさせて頂きました。
お忙しい中、お時間を作っていただきましてありがとうございました。

今後の民泊の将来性などについてお話が出来とても有意義でした。

今後も、たくさんの業者様とお話する機会を作っていければと思っております。
2017年04月04日 17:57 |コメント|

旅館業のご相談

0000457133.jpg
先日、東京都内で旅館業の許可申請をしたいとご相談を受け、寒い中
ご来所していただきましました。

区によって条例が違いますので区役所などに問い合わせをし調整する必要はありますが、ご相談者様を全力でサポートできればと思っております。

色々なご質問を受け、ご不安を少しでも和らげられていたら幸いです。

今後も多くのご相談者様の不安を解消できるよう努めていきたいと思います。
2017年04月03日 19:24 |コメント|

特区民泊

0000456541.png

特区民泊の現状について簡単にお伝えいたします。
東京では大田区が特区民泊として動いております。関西では大阪府が特区民泊として
動いております。
許可申請の件数を見ると現在大田区が33件、大阪府が51件となっております。

東京が民泊に対して動きが少し鈍いと言わざるを得ない状況です。

大阪の人口も多いですが東京都が人口日本一である以上、もっと民泊に対して
前向きに行動していくべきだと考えます。
オリンピックも近づいてきて、民泊の需要も増えます。
東京がもっと先陣を切って行動するように働きかけていきたいと思います。

2017年03月31日 18:18 |コメント|

ドローン。

0000456224.jpg
ドローンを使っての撮影や、ドローンの操縦の腕前を競い合う競技など
一時期よりは話題性は少なくなりましたがドローンが作り出す、これからの
未来が楽しみではあります。

ところで、ドローンを飛ばす場合にも条件次第ですが「許可」が必要になってきます。
高度や、飛ばす場所が住宅街などの場合です。

ドローンを飛ばす方々が楽しく、また適法にドローンを飛ばすための許認可も弊所では
やらせていただいております。

ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。
2017年03月30日 12:32 |コメント|

遺される人へ

0000455915.jpg
遺言[いごん]と聞くと、どうですか?
※法律用語で言うと「いごん」
一般的には「ゆいごん」と呼びます。どちらでも問題ありません。

まだ若いし興味ないわ~。亡くなる前に書くものでしょ?とあまり肯定的な意見
をお持ちの方は少ないのではないでしょうか?

一方で年々遺言を書かれている方は増え続けているのは何故でしょう?
高齢化が進み昔よりも高齢者が多くなったから。という要因も確かにありますが
30代40代で書かれている方も実は非常に多いです。
どういうことか、それはご結婚やお子様が生まれたという人生の節目に
自分にもしもの事があれば、自分の「思い」を子供や奥様に伝えたいと
思う方が増えているということが大きい要因です。
遺言は何度でも書き直す事が可能です。そこまで、敬遠する必要はありません。
まず、実際に書いてみて改めて自分の大切な人や大切な物を確認する機会でも
あります。
ご家族に強い思いがあれば必ず書いておくべきものです。

「今ご自身が亡くなった時、今の思いを大切な人に伝える手段はありますか?」
2017年03月28日 19:31 |コメント|

民泊セミナー。

0000455594.png
民泊に関するお問い合わせを非常に多く頂いております。
そのため近々、弊所主催で無料の民泊・旅館業のセミナーを開こうと思っております。

自分の家は民泊に使えるのか?特区って一体何?という基本的な事から
仲介業者や運営業者の違いや仕組みなどをご説明させて頂こうと思っております。

ご興味ある方は、弊所までご連絡ください。
2017年03月27日 19:09 |コメント|

少し古いですが。

0000455316.jpg
「過払い金請求」が少し前に流行っておりました。
※今も耳にする機会はあると思いますが。
簡単に言うと、お金を消費者金融などに借りていて払いすぎた分を返してくれという返還請求のことを言います。借り入れ業者に対して行います。
法的に言うと不当利得返還請求と言います。
過払い金請求をした後にご自身の「信用情報」がどうなっているのかを
確認するため「信用情報調査」をご依頼頂く事が多くなっております。
家などの購入や、家を借りる場合またはクレジットカードの審査などに影響してくる「信用情報」ですので皆さんシビアに考えておられます。
一度ご自身の「信用情報」を確認してみることをお勧めいたします。
2017年03月26日 17:04 |コメント|

会社設立

0000455151.jpg
会社設立をご検討の方から非常に多くのご相談を頂きます。
やはり、助成金や創業融資などの運営資金についてご不安に思われている方が
多く見受けられます。
行政書士会では創業融資に力を入れており地銀などと手を組んでいます。
そのためご本人様で融資の申請するよりも行政書士を利用することで融資を受けやすくなってきております。

会社をたてる事自体、そこまで難しいものではありませんがその後どのように
収益を上げて運営していくかが最も重要です。
弊所では会社設立から創業融資またコンサルティングまでお手伝いしております。

ご検討されている方がいらっしゃましたら是非ご連絡ください。
ご相談は無料です。
2017年03月25日 11:45 |コメント|

運営。

0000454863.png
弊所では既に許可申請済みでどこの運営業者に任せようかとお悩みの方からご連絡頂く事がございます。
その際に、弊所よりご紹介できる民泊運営代行業者がございます。
許可申請だけでなく「民泊」全般でサポートさせて頂いております。
民泊のホストとしてご検討中であれば、弊所で許可申請をし、そのまま運営代行業者を
ご紹介させていただき、掲載或いは運営までサポートをさせて頂く事が可能です。
お気軽にご相談ください。


民泊その他許認可業務でお悩みならご連絡ください。
2017年03月24日 11:25 |コメント|

行政書士事務所CrossBridge

03-6403-0831 営業時間 10:00~20:00 土日祝日営業

お問い合わせ

モバイルサイト

行政書士事務所Cross BridgeモバイルサイトQRコード

行政書士事務所Cross BridgeモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 東京都行政書士会
  • 0000460098.png
  • 0000460085.png

まずは無料相談!

メールはこちら

03-6403-0831
(受付時間 10:00〜20:00)