旅館業・特区民泊許認可申請の手続きなら相談無料の行政書士事務所Cross Bridge|東京都中央区

旅館業・特区民泊の相談から書類作成・提出代行までサポートいたします。

0000469643.jpg

ホーム ≫ ブログ

架け橋Blog

他士業者との相互連携を図る = 全てはご相談者様のために

0000452568.png
先日、税理士法人の営業担当者様とお話をする機会を頂きました。
確定申告期間の終了間近という忙しい時期であったにも関わらず、
1時間近いお時間を頂きました。あらためて御礼申し上げます。
 
雑談を交えながらも、お互いの事務所が力を入れている分野に関する話をし、
相互に協力し合う関係になれるよう建設的なお話が出来ました。
 
その中で一番印象的だったことは、相互に協力し合うのは、
「全てご相談者様のためである」ということでした。
 
自分たちで出来る業務であっても、遠方だったり、その時の業務量等で、
誰かと連携した方が「ご相談者のため」になる場合があります。
 
当たり前の話ではあるのですが、
日々の業務の中で決して忘れてはならない部分だと再認識しました。
 
これからもご相談者様にとって何が最善なのかを意識しながら、
日々精進して参りたいと思います。
2017年03月16日 12:59 |コメント|

筋トレと脳。

0000451135.jpeg
ここまで書いてきた内容とはガラッと変わりますが個人的なことで私は
ジムに行って体を鍛えること所謂「筋トレ」が好きです。
今では大分サボり気味なんですが、3年程のめり込んでいた時期があります。
通い始めた頃が60キロくらいでしたが3年後には80キロまで体重は増えておりました。
体脂肪も14%くらいでしたのでそこそこ頑張ったつもりです。
身長が170㎝しかないので肉団子みたいな体型でした(笑)
1ヶ月程度でしたが大手スポーツジムでインスタラクターとして契約していたこともあります。
あくまで私の個人的見解ですが
筋トレをする良い点は、単純に筋肉がつく体が大きくなるそして体を見てもらいがためにピチピチのシャツを着ることくらいでしょうか。
ほとんど自己満だと思います。
逆に、悪い点まず体が大きくなるので服が入らなくなる。腕胸が大きいのでスーツはオーダーしないと綺麗に着れない。
筋トレ後は免疫力が一時的に下がるので体調管理をしっかりしないといけない。
ダイエットでもそうですがある一定の時期に来ると体重が「増えにくく」なるため
とにかく食べないといけない。
一日4500キロカロリーを目標に食べていたので、かなりしんどい。
プロテインや他サプリメント代が馬鹿にならない。
まぁ言い出したらきりがないですね。
私は推奨します。
「適度」な運動こそ至高であると。
筋肉を動かす脳の部分と仕事で使う脳の部分は近いそうです。従って朝少し運動をした後仕事をすると効率がいいそうです。
実際海外の企業のトップは大体朝走っているそうです。

適度に運動をして充実した毎日を過ごしましょう。

2017年03月15日 19:49 |コメント|

適法な民泊事業を展開させるために

0000452077.png
本日は、大手民泊仲介業者様とお話をさせて頂きました。
今後の民泊の需要及び法律に則った適法な民泊であることの重要性を改めて
再確認することが出来ました。
今後もホストとゲストが安心して利用できる「民泊」の
お手伝いができるよう尽力してまいります。
2017年03月14日 17:00 |コメント|

ホームページ大幅にリニューアルしました。

0000451363.jpg
この度、業務をより専門的にすることで一層ご相談者様のニーズに応えられるよう「民泊・遺言・相続」に特化したホームページにリニューアルしました。
民泊は今後大きく需要が伸びると考えられます。
既に東京の大田区、大阪の一部などでは民泊を推奨し「適法な民泊」を
掲げています。
民泊事業でホストを考えられている方が気軽に始められるよう許可申請の費用を大幅に改定いたしました。
私の出身地である「宮城県仙台市」も国家戦略特別区域に指定されているため、今後宮城県だけでなく東北の活性化のお役に立てられればと思っております。

また、昨今増加の一途を辿る遺言書作成に関しましてもよりご依頼いただきやすいよう費用を改定しております。
是非一度ホームページをご覧頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

2017年03月12日 16:27 |コメント|

或る相続のお話。

0000450846.png
私が実際相談を受けたお話です。
「私の姉が亡くなりました、相続はどうなるのですか?」と
ご連絡を頂きました。
相続人が誰なのか一体何人いるのかを知るためにお話を伺うと
お亡くなりになったお姉さまにはお子様も配偶者様もいらっしゃいませんでした。
尚且つお父様及びお母さまもすでに亡くなられていたので
ご兄弟が相続される権利をもっていますとお伝えしました。
ご相談者様には9人の兄弟がいるとのことでしたので、お亡くなりになったお姉さまを除く8名が法定相続人となります。
亡くなったお姉さまは資産家かつ預貯金も相当ありましたので、ご兄弟で話し合いの場を設けることにしました。
しかしながら、全員が同じ場所に住んでいるわけではないので、スケジュールを
合わせるのに一苦労そして、代理人と名乗る方がいらっしゃったりと話し合いすら
出来ない状況が3か月間続きました。
初めて正式な代理人を含め全員が集まる機会を設け、話し合いが始まりますが
亡くなったお姉さまの面倒を見ていたのは私だ!先に亡くなったのを見つけ連絡したのは私だ!あの人はもっとマンションを持っていた、だれか勝手に売っただろう!と話し合いは一向に進まず、ご兄弟自体が会いたくないと言い出すまでに
至り、最終的に相続が完了するまで2年以上の時間がかかりました。

ここで私が思ったことは「相続」というものは「お金」が当然に絡みますので
揉め事は例えご家族でも起こり得ることです。
しかし、元々この財産は一体誰のものでしょうか?お亡くなりになられたお姉さまのものです。
果たして亡くなられたお姉さまはこのような事態を望んでいたでしょうか?
ご兄弟が自分が亡くなることで喧嘩別れすることを望んでいたでしょうか?
今となってはわからないことですが、少なくとも私はそうは思いません。
このようなことにならないように生前から「遺言」を残すことで、ご自身が亡くなった後
①自分の意思を相続人(ご家族など)に伝える。
②自分の死でご家族が違えることのないようにしておくこと。
ができるわけです。
自分はお金がないから、まだまだ大丈夫という理由で遺言を書かれない方も多いですが死は突然やってきます。
その時にお子様に配偶者様に自分の思いをしっかり伝える「手紙」として
残しておく事が大切だと痛感しました。
2017年03月10日 12:20 |コメント|

遺言書は本当に必要ない?

遺言書・・・そう聞くと、「うちは揉めることはないから大丈夫」と最初から必要ないと判断してしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、本当にそうでしょうか?下記はほんの一例ですが、あてはまるものがある場合には遺言書を書く必要があると言えます。
・子供がいない
・相続人が1人もいない
・内縁関係の方がいる

平成26年には年間で10万4400件の公正証書遺言が作成されており、年々増加の一途をたどっております。
私は書いた方が良いの?やそもそもどうやって書くの?など、疑問は多々あるかと思います。電話でもメールでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせ頂き、一度一緒に考えてみませんか?
2017年03月09日 11:25 |コメント|

世田谷区、「民泊」についての検討会を4月にも設置予定

先日、世田谷区の保坂区長が「民泊」についての有識者らの検討会を4月にも設置すると発表しました。
早ければ今夏を目処に世田谷区の民泊に関する方針をまとめる予定でいるそうです。

より多くの方が民泊事業に参加しやすくなればと思っておりますが、 近隣地域の治安・衛生が守られることが大前提となります。
安全な民泊事業が成長していけるような規制緩和を期待しております。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB06H8I_W7A300C1L83000/

2017年03月08日 12:41 |コメント|

読売新聞にチラシを折り込ませて頂きました。

本日新聞の折り込にチラシを出させて頂きました。(一部地域)
​お一人でも多くの方に興味を持っていただければ幸いです。
どんな些細な事でも結構です、お悩み事がございましたらご連絡お待ちしております。
2017年03月06日 09:44 |コメント|

facebook​に弊所専用のページを作成致しました。

この度facebookに弊所専用のページを作成致しました。
​あまりSNS慣れていないというのが本音ではありますが。。。。
​しかしながら少しでも多くの方に見ていただき興味を持っていただければ
​と思っております。
最近は若い方の「起業」やご家族を持つ事を機に「遺言作成」オリンピック効果で「民泊」など、我々がお手伝いさせて頂けれる事も多くなってきております。
​もし少しでもお悩みの方がいらっしゃましたら、是非ご連絡ください。
 
 
2017年03月03日 15:10 |コメント|

行政書士事務所CrossBridgeです。

当サイトにお越し頂きましてありがとうございます。
我々CrossBridgeの理念として、ご相談者様と「行政」を繋ぐ架け橋になりたいと思っております。
遺言・相続・会社設立以外にも許認可申請や内容証明などの業務も承っております。
街の法律家として、丁寧・親切にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。
2017年02月28日 16:09 |コメント|

行政書士事務所CrossBridge

03-6403-0831 営業時間 10:00~20:00 土日祝日営業

お問い合わせ

モバイルサイト

行政書士事務所Cross BridgeモバイルサイトQRコード

行政書士事務所Cross BridgeモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 東京都行政書士会
  • 0000460098.png
  • 0000460085.png

まずは無料相談!

メールはこちら

03-6403-0831
(受付時間 10:00〜20:00)